同棲は賛否両論あるかと思いますが、少なくとも結婚後のトラブルが少ないのは同棲したカップルの方が多いと推測できます。
しばらく一緒に暮らしてみないと見えて来ないこともありますし、結婚後の生活が想像できることを考えると予行演習としての役割は十分あるのでしょう。
入籍する前にそれが判断できるわけですから、仮に破局を迎えたとしてもまた新たな恋を見つければいいわけです。
もちろん傷心から立ち直るのは簡単ではありませんが離婚することに比べればマシだと思うべきだと考えます。

私自身も同棲を経験して結局別れることになりましたが、心中穏やかとは言えない気持ちもあるのと同時にどこか納得できた気がしました。
仮にそのまま相手の嫌な部分を感じながら生活してたとしてもいずれは揉める原因になったと思われるからです。
男女の中はお互い口に出せないことや敢て言う必要の無いことだって結構抱えていたりするもの、それを全て言うのも少し野暮ですし、黙ったまま相手を気遣えるのも大人の対応なのだと思うのです。
要は二人の生活リズムの波長が合うかどうか、それだけわかれば良いような気がしました。
誰だって過去の過ちの一つや二つはあるものでしょうから、そんなことに捕われず今と未来をどう助け合えるかを探る時間だと思うのがいいんじゃないでしょうか。